POG・新馬戦

【POG・新馬戦】10月15、16日にデビュー予定の注目馬【2022-2023】

どうも、にわとりちきんです。

今週も、週末の新馬戦に出走予定の注目馬を紹介します。

話題の良血馬や調教で良い動きをした馬など、個人的に気になった馬をピックアップして紹介。

新馬戦の予想や、POG指名の参考になる・・・かもしれない情報をお届けします!

👇クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬ランキング

10月15日にデビュー予定の注目馬

東京5R 芝2000m

エエヤン

父 シルバーステート
母 シルクヴィーナス
母父ティンバーカントリー

牡 美浦・伊藤大士厩舎


9月28日の坂路で52.7-12.5。
10月5日のウッドで6F67.5-5F51.5-2F23.6-1F11.5の好時計をマーク。
関東馬としては速い時計の調教をこなしており、そのほとんどで上昇ラップを刻めていることからも能力を感じさせます。
兄に京成杯勝ちのプレイアンドリアルがおり、父は2歳戦で今勢いのあるシルバーステートと血統的にも魅力あり。
このレースには他にもヒートオンビートの弟シュタールヴィント、強豪厩舎所属で動きの良さそうなヒシタイカン、リーゼノアール、スキルヴィングなども出走してきますが、それを差し置いても狙ってみたい1頭です。

 

阪神5R 芝1600m

ダノンバビル

父 ロードカナロア
母 レキシールー
母父Sligo Bay

牡 栗東・中内田充正厩舎


兄がNHKマイル勝ち馬のダノンスコーピオン。
調教でも10月6日のウッドで6F65.5-2F23.1-1F11.5の好時計をマークするなど本数と時計も充実しており、この血統でこの調教内容でくれば好走してくる可能性は非常に高いと思います。

 

デューデット

父 モーリス
母 デニムアンドルビー
母父ディープインパクト

牝 栗東・友道康夫厩舎


G2で2勝し、古馬G1でも連対したデニムアンドルビーの産駒。
JRA-VAN POGでも9000を超える指名を集めている人気馬です。
調教ではまだ目立った時計は出ていないうえにモーリス産駒ということで、初戦から狙いたいとは言いにくいですが、ここで勝ち上がってくるようなら今後はかなり期待できるのではないかと思います。

 

新潟5R 芝1600m

フィレット

父 エピファネイア
母 ルアンジュ
母父マンハッタンカフェ

牝 栗東・藤岡健一厩舎


先週、今週と続けてウッドで6F66秒-5F52秒-2F23秒前半-1F11秒中盤と綺麗に上昇ラップの好時計を並べており、好走しやすいパターンの調教ができています。
父も2歳戦で結果が出ているエピファネイアと好走期待度は高いです。



 

10月16日にデビュー予定の注目馬

東京5R 芝1400m

ステークホルダー

父 ハービンジャー
母 ワンスインナムーン
母父アドマイヤムーン

牡 美浦・斎藤誠厩舎


先週のウッドで6F66.8-2F24.0-1F11.8、今週の坂路で53.7-12.8と好時計をマークするなど調教内容は良さそうです。
母が左回りの1400を得意としていたので、血統的にも期待度は十分にあると思います。

 

阪神5R 芝2000m

ワレハウミノコ

父 キタサンブラック
母 キャンディネバダ
母父Pure Prize

牝 栗東・武英智厩舎


10月9日の坂路で51.6-12.5の好時計をマーク。
追切映像では、騎手の合図にしっかり反応して伸びているような感じだったので、レースへの準備は整っていると感じました。
兄弟はスタミナ豊富で障害やダート中距離で活躍している馬が多いので、2000mという条件もプラスになりそうです。

 

まとめ

今回は、10月15、16日の新馬戦に出走予定の注目馬を紹介しました。

今週の注目馬は以下の6頭です。

  • 土曜東京5R
    エエヤン
  • 土曜阪神5R
    ダノンバビルデューデット
  • 土曜新潟5R
    フィレット
  • 日曜東京5R
    ステークホルダー
  • 日曜阪神5R
    ワレハウミノコ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5