競馬予想

【競馬予想】セントウルSの予想と今週のおすすめレース(京成杯AH)【2021】

2021年9月11日

 

どうも、にわとりちきんです。

 

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんがメインレースと今週のおすすめレースの予想を紹介します。

今週の予想は、セントウルSと京成杯オータムハンデの重賞2本立てです。

それでは今週も、気になる当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の馬場適正、距離適性、脚質による展開有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

 

セントウルSの予想

日曜中京11R セントウルS 芝1200m 馬場予想:良

◎ ⑪カレンモエ
〇 ⑧レシステンシア
▲ ③ラウダシオン
▲ ⑮ピクシーナイト
△ ④レッドアンシェル
△ ⑤タイセイビジョン
△ ⑩ジャンダルム
△ ⑬ナランフレグ
△ ⑭クリノガウディー
△ ⑰シゲルピンクルビー

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
中京競馬場は約3か月ぶりの開催。芝の状態は良好で、開幕週らしく先行馬が簡単には止まらない馬場。

 

スプリンターズSに向けて有力馬が多く参戦したので好メンバーの1戦に。

中京芝は開幕週という事もあり基本的には内枠先行有利。

本命は⑪カレンモエ。1200m重賞で3連続2着の安定感を買いたい。枠も許容範囲で連軸としては最も信頼できる。

対抗は⑧レシステンシア。高松宮記念2着で実力は最上位。休み明け+初の速い馬場での1200mで立ち遅れなければ勝ち負けは必至。

3番手評価は2頭で③ラウダシオンと⑮ピクシーナイト。
ラウダシオンは成績にムラがある馬だが基本的には走る→走らない→走るを繰り返していて今回は走る番。笑。内枠が引けたのもプラス。
ピクシーナイトは前走で1200mでも通用することを証明。相手は強化されたがここでも期待。

抑えは④⑤⑩⑬⑭⑰まで。

 

⑪カレンモエ

実績  …B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …逃げ、先行

スプリント重賞で3連続2着と安定感は抜群。どれも勝っていてもおかしくない内容でスプリント戦線で実力上位なのは明白。

先行型で番手でしっかり折り合えるタイプなので開幕週の先行有利の馬場も合う。

気になる点は、父母がともに最高クラスのスプリンターだったが、なぜかセントウルSだけは勝てなかったことくらいか。笑

 

⑧レシステンシア

実績  …A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …逃げ、先行

高松宮記念の2着馬。グランアレグリアが天皇賞に直行ということなので、スプリンターズSの現在の最有力候補の1頭。

1200mが2度目で、前回は重馬場だったため速い馬場での1200が初な点だけが唯一未知数だが、G1を1勝2着3回の実績は申し分なし。

中枠で立ち遅れて馬群に包まれる展開だけが心配だが、たぶん杞憂に終わるはず。

 

③ラウダシオン

実績  …A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …先行

良い時と悪い時がはっきりしているが、今回は良いほうに出そう。

開幕週の馬場と中京1200のコースを考えれば、内枠には入れたことはプラス。

走る→走らないの順番では今回は「走る」方。

高松宮記念を除けば1400以下ではすべて3着以内。NHKマイルを勝っているのでマイルのイメージが強いが、1200の方が実力を発揮できるという可能性は少なくない。

 

⑮ピクシーナイト

実績  …B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …逃げ、差し

前走のCBC賞で2着と、この路線で戦えることを証明してきた。

前走は展開をうまくつけたというところはあるが、それでも高速馬場で逃げ切った勝ち馬に対してあそこまで詰めた点は評価。

今回は逃げるか差すかわからないが、どちらの展開でも複勝圏にはいってくる期待度が十分にある。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは得意範囲、Bは標準もしくは不明、Cは苦手。

 

セントウルSの買い目

3連複:⑪-③⑧⑮-③④⑤⑧⑩⑬⑭⑮⑰ フォーメーション(21点)

 

今週のおすすめレース(京成杯AH)

日曜中山11R 京成杯AH 芝1600m 馬場予想:良

◎ ⑪バスラットレオン
○ ①グレナディアガーズ
▲ ⑫カレンシュトラウス
△ ⑭マイスタイル

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
中山競馬場は約5か月ぶりの開催。こちらも馬場は開幕週らしい良好な状態。先行馬が有利。

 

中山競馬場も開幕週らしく先行馬が有利な状況。力のある先行馬を狙っていく。

本命は⑪バスラットレオン。マイスタイルとの先行争いになりそうだが、そこまで激化はせず先手はとれそう。斤量も54㎏は有利に見える。

対抗は①グレナディアガーズ。好位に付けられる脚質で1枠をとれたことが何より大きい。

単穴は⑫カレンシュトラウス。3連勝の勢いでここも上位進出を期待。

抑えは⑭マイスタイル。理想的な単騎逃げにはならなそうだが、今年はマイル重賞で2度の4着と侮れない。

 

⑪バスラットレオン

実績  …B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …逃げ

NZTの勝ち馬。

NZTでは1.33.1の高速決着で逃げ切りを決めており、開幕週の速い馬場で結果を出せる見込みは高い。

斤量54も恵まれているように見える。

 

①グレナディアガーズ

実績  …A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …先行

3歳のこの路線では間違いなくトップクラスの1頭。

印象としては立ち回りが器用なタイプで、1枠からロスなく進められそうなのが何よりプラス。

斤量56は少し見込まれた感もあるが、有利な枠で確実に伸びてきそう。

 

⑫カレンシュトラウス

実績  …B
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行、差し

近3走で3連勝しての重賞初挑戦。

出世はやや遅れたが、出走したすべてのレースで3着以内かつ上がりも3位以内と高パフォーマンスを出し続けている。

勢いに乗ってここでも好走を期待。

 

おすすめレース(京成杯AH)の買い目

ワイド:①⑪⑫⑭ ボックス(6点)

 

まとめ

今週はセントウルSと京成杯オータムハンデを予想しました。

どちらも今後のスプリンターズSやマイル戦線に繋がっていくレースなので見逃せませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ

【競馬予想の仕方】初心者~中級者まで必見!基本的な5つの手順で予想をする方法

続きを見る

【馬券の買い方】馬券の種類と基本的な馬券のテクニックの解説

続きを見る

 

© 2021 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5