競馬予想

【競馬予想】菊花賞の予想と今週の狙い目【2022】

2022年10月22日

どうも、にわとりちきんです。

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんが中央競馬日曜のメインレースの予想と今週の狙い目を紹介します。

今週は、菊花賞と今週の狙い目として東京5Rメイクデビューの予想を紹介します。

それでは今週も、馬場状態、展開、コースの特徴などの「レースの特性」と、基礎能力、馬場適性、コース相性、脚質などの「馬の特性」を分析し、特性のマッチングから「今回のレースで能力を発揮できる馬」を見つけていきたいと思います。

👇クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬ランキング

菊花賞の予想

日曜阪神11R 菊花賞 芝3000m 馬場予想:良

◎ ⑫ヴェローナシチー
〇 ⑭アスクビクターモア
▲ ①ガイアフォース
△ ④ボルドグフーシュ
△ ⑬ディナースタ
△ ⑰ジャスティンパレス
△ ⑪ドゥラドーレス
△ ⑯フェーングロッテン
△ ⑱セレシオン
△ ③プラダリア
△ ⑨シホノスペランツァ

 

レースの特性

馬場予想   …良馬場
馬場(TB)   …内外五分
展開予想   …スローペース(持続力勝負)
脚質の有利不利…前後五分
キーワード  …展開のカギを握るのはディナースタ

阪神競馬場は開幕3週目、当日の馬場予想は良馬場です。

トラックバイアスは、3週目に入り内の有利は薄れてきているように感じます。
ある程度各馬が思い通りの位置を取りやすい長距離戦ということも考慮すると、内外差はあまり意識しなくても良さそうです。

展開は、積極的な逃げ馬は不在で前半はスローペースを想定。
展開のカギを握るのはディナースタ。長距離戦のスローペースであれば和生騎手得意の向こう正面まくりが発動しそう。
そうなると全体のペースアップが早くなり、前半のスローペースもあいまって一気にロングスパートからの持続力戦の流れに向かう。
ラストはスタミナと持続力にものを言わせられる馬が上位に。

 

全馬の能力評価

【S】アスクビクターモア
【A】ガイアフォース、ジャスティンパレス、ヴェローナシチー、ボルドグフーシュ、プラダリア
【B】ドゥラドーレス、フェーングロッテン、ディナースタ、セレシオン
【C】シホノスペランツァ、ヤマニンゼスト、ビーアストニッシド、アスクワイルドモア、マイネルトンファン、セイウンハーデス
【D】シェルビーズアイ、ボッドボレッド

能力的には、やはりダービーで強い競馬をしたアスクビクターモアが一枚上。
前走も負けたとはいえ、前走時の仕上げの差を考慮すれば逆転の可能性は高いと見ます。

A評価以降は微差の混戦。
「前走までの評価」+「今回どのくらいの変わり身があるか」を重視して予想したいところです。

・能力評価の目安
【S】馬場・展開不問で本命候補
【A】馬場・展開が合えば本命候補
【B】馬場・展開が合えば馬券内候補
【C】馬場・展開が特に合えば馬券内候補
【D】馬場・展開が合っても厳しい

 

注目馬の特性と評価

⑫ヴェローナシチー

能力評価 …A
脚質   …差し(持続力型)
枠・展開 …A
コース相性…B

春から惜しいレースが続いて勝ち切れてはいませんが、自ら動いていった京都新聞杯など内容的には強い競馬を何度もしていて、ここでも能力面では全く引けは取りません。

脚質的にはこれでもかというくらいの持続力型で、ロングスパートの消耗戦になれば最後まで生き残るのがこの馬になる可能性は高く、ロングスパート戦の展開を予想している以上この馬は当然上位の評価です。

加えて、今回この馬で一番推したい点が、「変わり身」がかなりありそうな事。
どちらかというと動きが重いタイプで、休養明けよりは一つ叩いて良さが出そうなタイプであり、調教でも追切の坂路でベストタイムを更新し、先週のウッドではラスト2F22.4と抜群のキレを披露。
さらに鞍上も川田騎手に変わる大幅強化となれば狙わない手はないでしょう。

 

⑭アスクビクターモア

能力評価 …S
脚質   …先行(持続力型)
枠・展開 …A
コース相性…B

能力的にはダービーを見てもわかる通り世代上位で、スタミナと持続力の高さもこの舞台で申し分ないものを持っていると思います。
春の主役がこぞって天皇賞に向かったこともあって、このメンバーなら頭一つ抜けた存在だと思っており、ヴェローナシチーの伸びしろの部分が無ければ確実に本命を打っていました。

スタミナ面、持続力のある脚質、阪神内回りでも確実にパフォーマンスを出せるであろう先行できる脚質も申し分なく、安定感で買うなら間違いなくこの馬。

一つ叩いた分の上積みもあって、ガイアフォースに対しても逆転の可能性が高いと見て対抗評価です。

 

①ガイアフォース

能力評価 …A
脚質   …先行(持続力型)
枠・展開 …A
コース相性…B

セントライト記念の勝利はもちろん、ドウデュースとも差のない競馬をしていたり、小倉でレコードをだしたりと能力は申し分なし。
持続力の高いタイプで展開にも適応できそうですし、父キタサンブラックなら距離もこなせると思います。

3番手にした理由は、春からコンスタントに使ってきているので状態的には良くて平行線であろうという部分。
調教を見る感じでは、調子が落ちているようには感じなかったので悲観的には見なくても良さそうですが、アスクビクターモアやヴェローナシチー辺りに伸びしろがあることを考慮しての3番手の評価です。

 

ボルドグフーシュ

能力評価 …A
脚質   …追い込み(持続力型)
枠・展開 …B
コース相性…B

決め手という部分では今回のメンバー中No.1。
京都新聞杯、神戸新聞杯を上がり最速の3着、2勝クラスでは古馬に軽々先着したあたりからも能力は引けを取りません。

持続力とトップスピードは非常に高いですが、行き脚がつかないので道中かなり後方からの競馬になりそうな点は、内回りの阪神では若干フィットしなさそうな点で割引要素。
ただ、前が少しでも厳しい展開になれば一気に飛んでくる可能性は十分にあります。

前が厳しくなる展開待ちな部分が多少ありますが、それを覆すだけの爆発力も秘めている楽しみな1頭。

 

※各適性はS>A>B>C>Dの5段階評価

 

その他の馬の短評

⑬ディナースタ

2600mで2勝クラスを勝ち上がったスタミナを評価。
展開のカギも握っており、どフリーでまくれればそのまま残すチャンスも。

 

⑰ジャスティンパレス

前走は展開をうまくついた部分もありますが、なんだかんだでクラシック路線のG1皆勤賞でそこまで大負けもしないあたり能力はある。
今回は自力勝負でどこまでやれるか。

 

⑪ドゥラドーレス

血統表を見るとワクワクする馬。
どちらかというと瞬発力が勝ったタイプに見えるので、どこまで粘れるかという競馬になりそうな印象。
抑えるだけの能力はありそう。

 

⑯フェーングロッテン

新潟記念は古馬相手によくやったと思います。
距離面でどこまでやれるかという感じですが、克服できるなら先行できる馬ですしそれほど悪くないと思います。

 

⑱セレシオン

2勝クラスを勝ち上がっているので抑え。

 

③プラダリア

ダービー5着で能力面は渡り合えそうですが、脚質的にはそこまで合うイメージが無く抑えどまり。

 

⑨シホノスペランツァ

2600戦で勝っているので、スタミナ勝負になればワンチャンスあると見て抑え。

 

菊花賞の買い目

【馬連】
⑫-①③④⑨⑪⑬⑭⑯⑰⑱ 1頭軸流し(10点)

【3連複】
⑫-⑭-①③④⑨⑪⑬⑯⑰⑱ 2頭軸流し(9点)





 

今週の狙い目

日曜東京5R メイクデビュー 芝1800m 馬場予想:良

◎ ⑬フィールザダイヤ
〇 ⑪ロジプロパー
▲ ⑩フェスティヴビーム
△ ①ガストリック
△ ②キャラメルシフォン
△ ⑥カズボニファシオ
△ ⑨ブーケエスポワール

 

レースの特性

馬場予想   …良馬場
馬場(TB)   …内外五分(高速馬場)
展開予想   …スローペース(瞬発力勝負)
脚質の有利不利…前後五分
キーワード  …新馬戦。スローペースで団子馬群からの直線勝負

東京競馬場は開幕3週目、当日の馬場予想は良馬場です。

トラックバイアスは、3週目に入り若干内の有利は薄れているものの、時計は依然速い高速馬場。

展開は、新馬戦なのでスローペースからの瞬発力勝負。
調教で決め手を見せている馬から狙いたいところです。

 

レースの予想

調教で好時計を出している⑬フィールザダイヤが本命。
坂路、ウッド共に水準以上の時計をマークしており、特にウッドでは終い1F11秒台を連発しており関東調教馬としては出色の時計。
今週は調整を重視した内容の調教だったので仕上がり度にもかなり期待できそう。

相手は①②⑥⑨⑩⑪の6頭。

 

今週の狙い目の買い目

【馬単】
⑬-①②⑥⑨⑩⑪ 1頭軸流しマルチ有り(12点)

 

まとめ

今週は、菊花賞と東京5Rの予想を紹介しました。

本命は菊花賞が⑫ヴェローナシチー、東京5Rが⑬フィールザダイヤです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5