競馬予想

【競馬予想】CBC賞、ラジオNIKKEI賞の予想と今週のおすすめレース【2022】

2022年7月2日

どうも、にわとりちきんです。

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんが中央競馬日曜のメインレースとおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、CBC賞、ラジオNIKKEI賞の予想とおすすめレースを1レース紹介します。

それでは今週も、当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の能力評価、馬場適正、距離適性、脚質による展開の有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

CBC賞の予想

日曜小倉11R CBC賞 芝1200m 馬場予想:良or稍重

◎ ⑰ファストフォース
〇 ②アネゴハダ
▲ ⑨ロードベイリーフ
△ ⑤テイエムスパーダ
△ ⑧タイセイビジョン
△ ⑫スマートリアン
△ ③レジェーロ
△ ⑪カリボール

 

全馬の能力評価

【A+】ファストフォース、タイセイビジョン
【A】スマートリアン
【B+】アネゴハダ、ロードベイリーフ、レジェーロ、カリボール、モントライゼ、スティクス
【B】レインボーフラッグ、テイエムスパーダ、メイショウケイエイ、メイショウチタン、アンコールブリュ
【C】シホノレジーナ、スナークスター、タマモティータイム

能力的にはスプリントG1の経験もある、ファストフォース、タイセイビジョンが抜けた存在。
そのうえで、斤量との兼ね合いをどう見るかがポイントです。

 

馬場予想

小倉競馬場は開幕週。
当日の天気予報は雨時々曇り。馬場予想は良or稍重。

天気が非常に微妙です。
天気予報ごとに曇り~雨になっているので、馬券を当日買える方は天気をよく見て購入した方が良いと思います。

良馬場想定で予想していますが、幸い、重馬場でも大きく予想が変わるメンバーではないので、雨が降った場合も参考にできる予想に仕上がっています。

トラックバイアス的には、開幕週ということもあってさすがに内・先行有利は揺るぎません。
ですが、コース形態的にはスタートが向こう正面のポケットからで、3コーナーまでは400m以上の直線なので外枠でもダッシュがきく馬なら十分に内に入る猶予があるコースです。
なので、外枠でも先行できる馬ならそれほど大きく不利にはならないと考えて良いでしょう。

馬場からの狙い目は、「内ラチ沿いを狙える枠」もしくは「先行して内を取れる馬」です。

【ポジションごとの有利不利】
内枠 …やや有利
外枠 …やや不利
直線内…有利
直線外…不利

 

展開予想

【逃げ】③⑤⑬⑭⑮⑰
【先行】②④⑨⑩⑫
【差し】⑦⑧⑪⑯
【追込】①⑥

スプリント戦だけあって前から進めたい馬が多めです。
ですが、そこまでテンが速いタイプもいないように見えるので、「前が残れる程度の速めのペース」といった感じの流れで進みそうです。

「ある程度ゲートの出次第」というところはありますが、基本的には「ポジションの取りやすい内枠の先行馬」が馬場も含めて考えると有利に進められそうです。

個別で見ると、ファストフォースは大外枠ですが15番にスティクスが入ってくれたのが好材料。
スティクスについていく形で、すんなり2~3番手の外位置をとれそうでスムーズな競馬ができそうに見えます。

 

レースの傾向

傾向としては、やはり夏競馬の開幕週に行われるレースということもあって逃げ馬の好走が目立ちます。

今年は昨年に続き小倉での開催ですが、その前の阪神、中京で行われた開催も含めて、近5年では全て逃げた馬が馬券に絡んでいます。

今年も当然開幕週なので、「好走しそうな逃げ馬」を狙っていくのがセオリーと言って良いでしょう。

 

注目馬の詳細評価

ファストフォース

能力評価…A+
馬場適正…A
距離適性…S
展開  …やや有利
脚質  …逃げ

本命はファストフォースです。
斤量56㎏と2番目のハンデですが、さすがにここでは力が一枚上だと思います。

ナムラクレアの好走もあってか3歳牝馬が注目されていますが、ナムラクレアと比べればアネゴハダ、テイエムスパーダは力が一枚下なので、斤量差があってもさすがにファストフォースより前にはいかないと見ています。

大外枠は嬉しくはないですが、近くに先導役もいて揉まれずに進められそうだと思えば悪くない枠。

昨年の小倉1200重賞で1、2着。
前走高松宮記念も負けたとはいえ0.3秒差の力なら、若い馬もねじ伏せて勝ち切ってくれるでしょう。

 

アネゴハダ

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …先行

対抗はアネゴハダです。

前走2勝クラスとはいえ古馬相手に圧勝している点は評価。
能力的にはまだ疑問もありますが、枠、斤量を考えれば好走してくる可能性は高いと思います。

 

ロードベイリーフ

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …先行

3番手はロードベイリーフです。

前走なかなか良い競馬をしていましたし、1000mからの距離延長で出足がついてきそうなので、好位置確保から好走してきそうな雰囲気です。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは適性範囲内、Bは微妙もしくは不明、Cは苦手。

 

CBC賞の買い目

【馬連】
⑰-②③⑤⑧⑨⑪⑫ 1頭軸流し(7点)





ラジオNIKKEI賞の予想

日曜福島11R ラジオNIKKEI賞 芝1800m 馬場予想:良

◎ ⑦ショウナンマグマ
〇 ③フェーングロッテン
▲ ⑥ボーンディスウェイ
△ 他全馬

 

全馬の能力評価

【A】サトノヘリオス、フェーングロッテン、クロスマジェスティ、ボーンディスウェイ、ショウナンマグマ、ペジャール、ソネットフレーズ、グランディア、ゴーゴーユタカ
【B+】ホウオウノーサイド、オウケンボルト
【B】タガノフィナーレ、ミッキーブンブン

ただでさえ実力拮抗のメンバーに加え、ハンデ戦ということもあって超大混戦です。

 

馬場予想

福島競馬場は開幕週。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。

開幕週で馬場状態が気になるところですが、土曜メインの1200戦で1000mを56.3秒で通過して4角3番手までがワンツースリーフィニッシュということで、トラックバイアスは期待通りの「内・先行有利」と見て良さそうです。

【ポジションごとの有利不利】
内枠 …有利
外枠 …やや不利
直線内…有利
直線外…不利

 

展開予想

【逃げ】②③⑦
【先行】④⑤⑥⑧⑫
【差し】①⑨⑪⑬
【追込】⑩

先手争いはホウオウノーサイド、フェーングロッテン、ショウナンマグマの3頭。
ですが、ショウナンマグマが気性的にここは押してでも前をとりに行くと思うので、ショウナンマグマ先頭で早めに落ち着くと思っています。

全体的に先行して良績がある馬が多いので、先行争いはやや激しくなりそうですが、福島1800のコース形態的にペースは上がりにくいので、ペースは平均くらいで進むと思います。

開幕週であることも含めて内ラチ沿いを取れた馬が有利なので、「内枠」は有利。
ペースもそこまで速くならないと思うので、ハナをとれそうなショウナンマグマ、続くフェーングロッテンあたりが有利な展開になりそうです。

 

レースの傾向

このレースも夏競馬の開幕で行われるということもあって、不良馬場になった3年前を除けば逃げ馬がほぼほぼ馬券に絡む逃げ有利のレースと言えます。

 

注目馬の詳細評価

ショウナンマグマ

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …逃げ

本命はショウナンマグマです。

前々走の1勝クラスが逃げて8馬身差の快勝。
道中5馬身ほどの逃げから4角で溜め、直線で再度突き放して圧勝と強い内容での勝ち方。
このパフォーマンスが出せれば、ここでも勝ち負けしてくると見ています。

気性的に前に馬がいると制御できなくなるタイプで、大敗したプリンシパルSときさらぎ賞は逃げずに抑えたため制御が効かなくなって競馬をしていないレース。
そのため、この2レースの結果については参考外として良いと思います。

今回は、さすがにプリンシパルSの内容から抑える競馬はしてこないと思うので、気分よく逃がして前々走の再現をしてくれることを期待しての本命です。

能力差は上位と比べても無いと見ているので、斤量も53㎏で走れるのはかなり有利です。

 

フェーングロッテン

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …逃げ、先行

対抗はフェーングロッテンです。

前走OP勝ちで、勝った相手も重賞で好走を続けているヴェローナシチーなので能力が高いのは間違いないでしょう。

枠も良く、持っている能力は発揮できそうな感じなので、馬券圏内の確率は高い1頭です。

 

ボーンディスウェイ

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …先行

3番手はボーンディスウェイです。

実績的に見ればホープフルS5着、弥生賞3着と最上位です。

展開的にも合いそうな流れなので好走率は高いと思いますが、勝ち切れるキレは無いような印象でもあるので2、3着狙いとしては確率が高そうな馬といった感じでの3番手評価です。

 

ラジオNIKKEI賞の買い目

【馬連】
⑦-全 1頭軸全流し(12点)

実力拮抗+ハンデ戦ということで、どれが来てもおかしくないので全流しで狙います。

 

今週のおすすめレース

日曜小倉8R 1勝クラス 芝1200m 馬場予想:良or稍重

◎ ④カフジテトラゴン
〇 ①ヴェールクレール
▲ ⑫エクロール
△ ②ポメランチェ
△ ③オーガスタスカイ
△ ⑨ニューノーマル
△ ⑪ヴィルトゥオシタ

 

馬場予想

小倉競馬場は開幕週。
当日の天気予報は雨時々曇り。馬場予想は良or稍重。

天気は非常に微妙です。
天気予報ごとに曇り~雨になっているので、馬券を当日買える方は天気をよく見て購入した方が良いと思います。

トラックバイアス的には開幕週らしく「内・先行有利」です。

 

レース予想

本命は④カフジテトラゴンです。
勝ち上がりはダートですが、桜花賞が12着ながら0.8秒差、前走は前残りのレースを1頭だけ違う脚で追い上げて2着と、芝に変わってからも高パフォーマンスを続けています。
前走内容が非常によく、同じだけの走りをしてくればまず勝ち負けはしてくると思います。
馬場が渋っても前走稍重で好走しているので問題ないはず。

相手は①②③⑨⑪⑫の6頭。

 

おすすめレースの買い目

【馬単】
④-①②③⑨⑪⑫ 1頭軸流しマルチあり(12点)

 

まとめ

今週は、CBC賞、ラジオNIKKEI賞と小倉8Rの予想を紹介しました。

本命は、それぞれCBC賞が⑰ファストフォース、ラジオNIKKEI賞が⑦ショウナンマグマ、小倉8Rが④カフジテトラゴンです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング






© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5