競馬予想

【競馬予想】天皇賞(秋)の予想と今週の狙い目【2022】

2022年10月29日

どうも、にわとりちきんです。

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんが中央競馬日曜のメインレースの予想と今週の狙い目を紹介します。

今週は、天皇賞(秋)と今週の狙い目として阪神10R古都ステークスの予想を紹介します。

それでは今週も、馬場状態、展開、コースの特徴などの「レースの特性」と、基礎能力、馬場適性、コース相性、脚質などの「馬の特性」を分析し、特性のマッチングから「今回のレースで能力を発揮できる馬」を見つけていきたいと思います。

👇クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬ランキング

天皇賞(秋)の予想

日曜東京11R 天皇賞(秋) 芝2000m 馬場予想:良

◎ ⑨ジャックドール
〇 ⑧シャフリヤール
▲ ⑦イクイノックス
☆ ③パンサラッサ
△ ⑤ダノンベルーガ
△ ①マリアエレーナ
△ ⑥ジオグリフ

 

レースの特性

馬場予想   …良馬場
馬場(TB)   …内有利(高速馬場)
展開予想   …ハイペース(やや持続力寄り)
脚質の有利不利…若干先行有利
キーワード  …逃げ馬が揃い速めのペースの追走から最後まで脚が持つ馬が上位に

東京競馬場は開幕4週目、当日の馬場予想は良馬場です。

トラックバイアスは、今週からBコースに変わって基本的には内有利。
直線でも、4角を回った位置から馬場差が少ないなら当然先行馬が多少なり有利と言えます。
時計も相変わらず速く、土曜も2歳未勝利の1800で1分46秒台、3歳上1勝クラスの2000で1分58秒台が出るくらいの高速馬場で、天皇賞のメンバーを考えれば1分56秒台の決着をイメージして良さそう。
ある程度時計の速い決着でも対応できる馬を上位に見たいところです。

展開は、逃げ馬が揃って前半から飛ばしていくハイペースの展開。
速い逃げを捕まえに行く流れになり、東京にしてはやや速めのスパート位置からの持続戦を想定。
先頭に立つのはパンサラッサ、次いでバビット。
ジャックドールは2列目で折り合えるので無理はせず、ノースブリッジもスタート次第ですが五分の出なら2列目になると思います。
パンサラッサは勝ちに行くならスタート出負けしようが行くしかないので、強引でもペースを上げた逃げに持ち込むはずでハイペースは必至。
後続の有力馬も比較的ポジションを取りやすい内~中枠に集まったので、ポジション取りで負けたくない心理が出て、各馬ゆったりと構えるのは難しく、それなりに道中で消耗のあるレースになりそうな気配。
終盤は逃げ馬を集団で捕まえに行く持続戦で、いかに道中で余裕をもって追走できているかでラスト1Fの脚に違いが出てきそう。
「内の良い馬場」「速いペースで流れる競馬」「差し勢のポジション争い」という要素を考えると、展開的に最も落ち着いて脚を溜められそうなのは・・・マリアエレーナとジャックドール。

 

全馬の能力評価

【S】該当なし
【A】シャフリヤール、ジャックドール、パンサラッサ、イクイノックス
【B】ダノンベルーガ、ジオグリフ、マリアエレーナ、ポタジェ
【C】カラテ、ノースブリッジ、レッドガラン、ユーバーレーベン
【D】バビット、アブレイズ、カデナ

上位拮抗でどの馬も頭一つ抜けているとはいえず、相対評価でS評価は無し。
上位陣の比較だと、シャフリヤール>ジャックドール=パンサラッサ≧イクイノックス>ダノンベルーガ>ジオグリフという見立て。

 

・能力評価の目安
【S】馬場・展開不問で本命候補
【A】馬場・展開が合えば本命候補
【B】馬場・展開が合えば馬券内候補
【C】馬場・展開が特に合えば馬券内候補
【D】馬場・展開が合っても厳しい

 

注目馬の特性と評価

⑨ジャックドール

能力評価 …A
脚質   …逃げ、先行(バランス型)
枠・展開 …A
コース相性…A

展開予想から最も安定して力を発揮できるのはこの馬と見て、本命はジャックドール。

逃げで結果を出してきた馬ですが、一本調子の逃げではなくしっかり溜めながら二の脚を確実に使えるタイプで、瞬発力と持続力を兼ね備えた脚質。
ペースが速くなりそうな今回のレースでも、「道中の追走力」「直線でのもう一伸び」という要素をしっかり抑えた馬で好走の期待値は高いと思います。

枠は9番枠ということで良くも無く悪くも無く。
無難に出れば2列目の確保は問題なさそうで、最内には入れないまでも内から2頭目にはいれるという感じで、最悪のケースになることが無さそうという点では良い枠と言っても良いかも。

コースも左回りは5戦4勝、白富士Sで1分57秒台の競馬も経験しており、ハイペースの展開もこなせる見込みは高いです。

 

⑧シャフリヤール

能力評価 …A
脚質   …差し(瞬発力型)
枠・展開 …B
コース相性…A

昨年のJC3着、今年のドバイでの勝利を考えると能力的には最上位という見立て。

脚質的には瞬発力型の印象なので、若干このレースで力を発揮しきれるかという点で不安はありますが、能力と経験値も込みで3歳勢と比較すると、この馬のほうが確率は高いと見て上位に評価。
海外の重い芝を経験して、最後のひと踏ん張りができるようになってないかな~という希望的観測も少しあり。

枠も特に不利は無くライバルと五分の条件。
コースも直線を広く使える東京がマイナスになるということはないので問題なし。

 

⑦イクイノックス

能力評価 …A
脚質   …差し(バランス型)
枠・展開 …B
コース相性…A

実績通り3歳勢では最高評価。

能力的には、ダービーで見せたようにハイペースからの持続戦でも最後まで脚を使える持続力も兼ね備えており、今回の条件も脚質的には合うんじゃないかという見立て。
ただし、高速決着になりそうなレースで後方から悠々と・・・という競馬にはしたくないはずで、道中馬群の中でポジション争いをした時にどうなるかは未知数。
その辺が心配なポイントであり、まだ4戦というキャリアがどうでるかというところ。難なく克服すれば今年も3歳勢の勝利という結果も十分にありそうです。

軸にしても良いくらい能力、適性を評価できる馬ですが、脆さが出る可能性も考慮しての3番手評価といった感じです。

 

③パンサラッサ

能力評価 …A
脚質   …逃げ(持続力型)
枠・展開 …SorD
コース相性…B

スタートと出足がつくかどうかが全て。
ここ2走を見ると正直厳しそうですが、五分以上に出てバビットに先をこされない流れを作れれば、勝ち負けまである能力は持っています。

内枠を不安視する声もありますが、スタートで出さえすれば最高に良い枠であり、Bコース替わりで内が使える馬場ということも考えれば、ワンチャンスにかけるなら最高の枠。

人気が落ちてここが狙いだと見るなら、枠・馬場と条件はそろっていると思います。

 

⑤ダノンベルーガ

能力評価 …B
脚質   …差し(瞬発力型)
枠・展開 …B
コース相性…A

5番手評価はダノンベルーガ。

能力的には弱くはないと思いますが、枠が不利がという要素があったのは事実ながら実際にクラシックで4着、4着だったことを考えると、ここで上位評価は難しいかなという印象。

5番枠は歓迎で、スッと内に入ってしっかり脚が溜まれば外を行く馬よりは展開的に利ができるのは間違いないので、すべてがうまくハマれば馬券内はあるという評価。

 

①マリアエレーナ

能力評価 …B
脚質   …先行(持続力型)
枠・展開 …A
コース相性…B

展開利が一番ありそうなのはこの馬。

絶好の1番枠で好ポジション確保から、持続力を活かして粘り込み狙い。
高速の持続戦を前走で経験し圧勝できた点は好感で、相手は強くなりますが条件の良さで馬券内の可能性はあると思います。

 

⑥ジオグリフ

能力評価 …B
脚質   …先行、差し(バランス型)
枠・展開 …B
コース相性…C

取捨迷いましたが一応抑え。

能力的には3歳勢の中でも一歩劣るうえ、ダービーを見る限り、東京での高速の持続戦はそこまで向かない感じがします。

ただ枠は良く、無欲で乗ってくれば流れにのって・・・という可能性はありそうなので一応抑えます。

 

※各適性はS>A>B>C>Dの5段階評価

 

天皇賞(秋)の買い目

【3連複】
⑨-①③⑤⑥⑦⑧ 1頭軸流し(15点)

【馬連】
③-①⑤⑥⑦⑧⑨ 1頭軸流し(6点)

本線はジャックドールから。
オッズがかなりつくのでパンサラッサから馬連だけいきます。



 

今週の狙い目

日曜阪神10R 古都ステークス 芝3000m 馬場予想:良

◎ ⑪エドノフェリーチェ
〇 ③プリュムドール
▲ ⑤ホウオウエクレール
△ ①ロードトゥフェイム
△ ②マイネルコロンブス
△ ④マリノアズラ
△ ⑥セントウル
△ ⑧アスティ
△ ⑨プルミエロール
△ ⑫テンカハル
△ ⑭タイセイモナーク

 

レースの特性

馬場予想   …良馬場
馬場(TB)   …内外五分
展開予想   …ミドルペース
脚質の有利不利…前後五分
キーワード  …ハンデ戦で混戦。数少ない3000m超のレースでスタミナに期待できる馬を狙う

阪神競馬場は開幕4週目、当日の馬場予想は良馬場です。

トラックバイアスは、Aコース4週目で内はさすがに傷んできていますが、長距離戦で各馬それなりに思いの位置を取りやすいことを考えると内外五分くらいの見立てで良さそうです。

展開は、積極的な逃げ馬はおらず落ち着いた展開。
3角あたりからペースが上がってやや持続力勝負の直線。

 

レースの予想

◎はエドノフェリーチェです。
とにかく安定した末脚が使える馬で、どういうレースでも上がりをしっかり出してくるあたりはスタミナの証明。
距離が伸びるごとに内容が良くなって、2500以上のレースで3戦3連対。
初の3000mですが適性は高いと見て、ここで狙いたいと思います。

相手はハンデ戦なので幅広く①②③④⑤⑥⑧⑨⑫⑭まで。

 

今週の狙い目の買い目

【馬連】
⑪-①②③④⑤⑥⑧⑨⑫⑭ 1頭軸流し(10点)

 

まとめ

今週は、天皇賞(秋)と阪神10R古都ステークスの予想を紹介しました。

本命は、天皇賞(秋)が⑨ジャックドール、古都ステークスが⑪エドノフェリーチェです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5