POG・新馬戦

【POG2022】競馬ブログ予想家の指名馬10頭+α【指名馬・注目馬紹介】

2022年6月1日

どうも、にわとりちきんです。

2022年のダービーも無事終わり、6月からは新たな世代がデビューし、来年のクラシックを目指した戦いが始まります。

そして、新馬戦が始まるということは・・・。はい、今年もPOGの季節がやってまいりました!

ということで今回は、毎週競馬予想を公開している私の2022年のPOG指名馬10頭と、指名には至らなかったものの最後まで指名を悩んだ次点の6頭合わせて16頭の2歳馬を紹介します。

この記事を書いた人

にわとりちきん

  • 毎週重賞予想をブログで公開。
  • POGの選考基準は馬体写真9割+血統1割。
    (※5月下旬頃に写真が掲載されている馬から選ぶので、基本的には良血馬や育成時点での評判馬が多い指名になります)
  • 過去のPOGで指名した代表馬はダイワスカーレット、ビッシュ、スピルバーグ、バティスティーニなど。

POG2022の指名馬10頭

まずは、私が今年参加するPOG「JRA-VAN POG'22」で指名した、指名馬10頭を紹介します。

ディオファントス

父モーリス
母ディオジェーヌ
母父ディープインパクト

牡馬 青鹿毛 栗東・斉藤崇史厩舎


今年の牡馬最上位評価はこの馬になりました。
写真からすでに筋骨隆々といった感じで、スピードとパワーに長けていそうな馬体。
立ち姿のバランスも良く、父と同じようにマイル~2000mくらいで活躍してくれそうな雰囲気です。

 

エゾダイモン

父ハーツクライ
母メジロツボネ
母父スウェプトオーヴァーボード

牡馬 黒鹿毛 栗東・武幸四郎厩舎


兄にグローリーヴェイズがいる良血馬。
立ち姿のバランスが良く、四肢がスッと長い感じで伸びのある走りができそうな馬体。
母はスプリンター色が強めですが、この馬は兄グローリーヴェイズのように中長距離で活躍しそうな雰囲気です。
セリ価格1億8千万円、馬主は藤田晋氏ということで、世代の中でも注目度は非常に高い馬だと思います。

 

マルグアレイス

父モーリス
母ブリガアルタ
母父コンデュイット

牡馬 栗毛 美浦・高橋文雅厩舎


牡馬3番手の指名はマルグアレイスです。
馬体は特に肩回りの筋肉の発達が目立ち、やや前傾の立ち姿からスピードのノリが良さそうな雰囲気を感じます。
父、母同様にマイル~2000mあたりでスピードを活かした走りを期待しています。

 

スキルヴィング

父キタサンブラック
母ロスヴァイセ
母父シンボリクリスエス

牡馬 黒鹿毛 美浦・木村哲也厩舎


4頭目はキタサンブラック産駒のスキルヴィングです。
初年度からダービー2着馬のイクイノックスを出して、今年も期待度の高い種牡馬ですね。
この馬の馬体は、肩、トモ共に丸み、厚みがありパワーを感じさせながらも、全体のバランスも良く中長距離での活躍を期待しています。

 

レッドフローガ

父ロードカナロア
母ロマンシングジェム
母父アグネスタキオン

牡馬 鹿毛 美浦・加藤征弘厩舎


5頭目はレッドフローガです。
立ち姿のバランスも良く、筋肉質でやや寸の詰まった感じの体型でスピードがありそうな雰囲気です。
父同様に短めの距離でスピードを発揮してくれることを期待しています。

 

タスティエーラ

父サトノクラウン
母バルティトゥーラ
母父マンハッタンカフェ

牡馬 鹿毛 美浦・堀宣行厩舎


牡馬最後の指名馬はサトノクラウン産駒のタスティエーラです。
やや胴長で伸びのある馬体が長めの距離での活躍を期待させてくれます。
サトノクラウンは今年が初年度産駒なので産駒傾向は不明ですが、馬体写真を見た感じだと魅力のある馬体の産駒も多く活躍が期待できそうだという印象です。

 

ルージュイストリア

父ドレフォン
母レッドクラウディア
母父アグネスタキオン

牝馬 黒鹿毛 美浦・大竹正博厩舎


牝馬の最高評価はルージュイストリアです。
肩回りの筋肉の発達が素晴らしく、トモに丸みもあって、スピード、パワーに優れた走りに期待しています。
ドレフォン産駒は今年のジオグリフなどスピード、パワーに優れた産駒が目立ったので、良い特徴を引き継いでいる感じのこの馬も活躍が期待できそうです。

 

メイクアスナッチ

父ルーラーシップ
母スナッチマインド
母父ディープインパクト

牝馬 黒鹿毛 美浦・武市康男厩舎


牝馬の2番手はメイクアスナッチです。
全体のバランスの良さと、少し腰高でトモが大きく見える感じから瞬発力がありそうな雰囲気を感じます。
血統的にも東京2400mどんと来いという感じなので、オークスで走る姿を期待しています。

 

ルージュレヴール

父モーリス
母レッドリヴェール
母父ステイゴールド

牝馬 鹿毛 栗東・須貝尚介厩舎


牝馬の3頭目はルージュレヴールです。
この馬はトモの下部(後脚の付け根あたり)の筋肉がとても発達しているように見え、いかにも蹴りが強そうな雰囲気を感じます。
モーリス産駒らしく牝馬の主戦場になるマイルあたりの距離での活躍と、母父はスタミナもあるステイゴールドということで2400mも適応してくれるようだとさらに楽しみです。

 

ダストテイル

父ロードカナロア
母ダストアンドダイヤモンズ
母父Vindication

牝馬 鹿毛 美浦・尾関知人厩舎


2022年の指名馬最後はダストテイルです。
この馬の馬体の特徴は、なんといって非常に大きくて丸みのあるトモのつくり。
いかにもスピードと瞬発力に優れた走りを見せてくれそうで期待しています。
良い馬体だな~と思って血統を見てみたら即納得。2022年ダービー馬ドウデュースの半妹でした。
ドウデュースが皐月賞、ダービーで見せたような素晴らしい末脚を、この馬でも見れることを期待しています。

 

以上が今年の指名馬10頭です。
どれもスケール感があって楽しみな馬に見えます。
まずは全馬無事にデビューしてくれること祈りながら、1年間楽しんでいきたいと思います!





指名できなかった注目馬

ここからは、指名にはいたらなかったものの、魅力的な馬体で最後まで指名を悩んだ注目馬を紹介します。

アンティーゾ

父エピファネイア
母ヒカルアマランサス
母父アグネスタキオン

牡馬 黒鹿毛 美浦・国枝栄厩舎


兄にホウオウアマゾンがいる良血馬。

 

ヴィヴィッシモ

父ジャスタウェイ
母エスティタート
母父ドリームジャーニー

牡馬 鹿毛 栗東・松永幹夫厩舎


トモが丸く大きく、父のような瞬発力のある走りを期待。

 

オープンファイア

父ディープインパクト
母ゴーマギーゴー
母父Ghostzapper

牡馬 鹿毛 栗東・斉藤崇史厩舎


ディープインパクト産駒最後の世代の1頭。バランスの良い馬体。

 

ファンタジスタ

父ルーラーシップ
母ココファンタジア
母父ステイゴールド

牡馬 鹿毛 美浦・宮田敬介厩舎


肩回りの発達が目立つスピードがありそうな馬体。

 

ハイアーレルム

父ハーツクライ
母インナーレルム
母父Galileo

牝馬 鹿毛 栗東・安田隆行厩舎


四肢が長く見え、伸びのある走りをしてきそう。

 

アンスリウム

父リアルスティール
母エクストラペトル
母父キングカメハメハ

牝馬 鹿毛 美浦・加藤征弘厩舎


筋肉量が豊富でスピードがありそうな馬体。

 

以上の6頭が指名できなかったものの最後まで悩んだ注目馬6頭です。
この6頭も、しっかりと1年間動向を追っていきたいと思います!

 

まとめ

今回は、2022年POGで指名した指名馬10頭と、指名には至らなかったものの最後まで指名を悩んだ注目馬6頭を紹介しました。

指名馬・注目馬は以下の通りです。

指名馬

  • ディオファントス
  • エゾダイモン
  • マルグアレイス
  • スキルヴィング
  • レッドフローガ
  • タスティエーラ
  • ルージュイストリア
  • メイクアスナッチ
  • ルージュレヴール
  • ダストテイル

注目馬

  • アンティーゾ
  • ヴィヴィッシモ
  • オープンファイア
  • ファンタジスタ
  • ハイアーレルム
  • アンスリウム

 

今回、私が参加するPOGは「JRA-VAN POG'22」です。

参加費無料で楽しむことができて、JRA-VAN主催ということでサイトや賞品も充実していておすすめのPOGです。

是非参加してみてはいかがでしょうか!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!





© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5