競馬予想

【競馬予想】桜花賞の予想と今週のおすすめレース【2022】

2022年4月9日

どうも、にわとりちきんです。

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんが中央競馬日曜のメインレースとおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、桜花賞とおすすめレースとして阪神10Rの大阪ハンブルクカップを予想します。

それでは今週も、気になる当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の馬場適正、距離適性、脚質による展開有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

桜花賞の予想

日曜阪神11R 桜花賞 芝1600m 馬場予想:良

◎ ⑧スターズオンアース
〇 ⑱ナミュール
▲ ⑥ウォーターナビレラ
△ ⑦サプライズアンセム
△ ⑯サークルオブライフ
△ ⑩ライラック
△ ⑭プレサージュリフト
△ ⑰フォラブリューテ
△ ①ナムラクレア
△ ③アルーリングウェイ
△ ⑤ピンハイ
△ ⑨クロスマジェスティ

 

阪神競馬場は開幕9週目。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
今週からBコースを使用。
先週までの傾向でも高速馬場を維持しつつ先行馬もまだ戦える状態だったことを考えると、今週は先行有利に傾く可能性が高い。

今週は桜花賞です。
今年もいよいよクラシックが始まりました。

人気を集めるのは、昨年の阪神JFでも人気の中心だったウォーターナビレラ、サークルオブライフ、ナミュールの3頭。
しかし、別路線組も能力のある馬が揃っており、人気3頭が簡単に上位独占のレースにはならなそう。

能力的にはナミュールはやや抜けているが、他はほぼほぼ拮抗。
どの馬が馬場や展開で有利になれるかを考えることが馬券のポイントになる。

【馬場予想】
今週は好天が続いて晴れの良馬場で間違いなさそう。

今週の馬場のポイントはやはりコース替わり。
先週まででも先行馬がまだ戦える状態の馬場だったうえ、さらに今週コース替わりということで先行有利の馬場に傾く可能性が高い。

馬場状態からは「内枠・先行馬」が有利と見る。

【展開予想】
今回の展開のキーになるのは逃げ馬と枠の並び。

逃げる可能性が高いのはカフジテトラゴンとパーソナルハイ。
しかし、この2頭共に速いペースで逃げる馬ではないので、ペースがあまりに遅い場合はクロスマジェスティ、ラブリイユアアイズ、ラズベリームースあたりがしびれを切らして先頭に出る可能性もある。

いずれにせよ、ハイペースになる展開は予想しづらく平均ペースくらいで道中は流れると見る。

そして、今回特徴的になったのが枠の並び。
内枠に2頭の逃げ馬、中枠に先行馬がずらり、そして外枠に差し馬がきれいに集まった。

この並びだと、内枠の馬から順にポジションを取っていくことになるので典型的な平均ペースで縦長の馬群になりやすい形。
内枠の馬が楽にポジションを取れるのに対し、外枠の馬は外を回して強引に前目に行くか、脚を温存するために内に入るには位置を下げていくしかなくかなり不利。

このことから展開からは「内枠・先行馬」が有利になり、「外枠馬」にはやや厳しい展開が予想される。

【印馬短評】
◎⑧スターズオンアース
先行馬ながら追って味のある馬。
重賞2連続2着も、共にスムーズな競馬とは言い難いところから伸び返しての2着。
今回は、追って味のあるタイプの馬の力を最も引き出してくれる川田騎手に鞍上が変わり期待度大幅アップ。

○⑱ナミュール
単純な能力ならこの馬が一番。
ただし、大外枠に入ってしまった点はさすがに割引せざるを得ない。
展開は厳しいが、それでも覆す可能性もあると見て対抗評価。

▲⑥ウォーターナビレラ
前走内容が個人的にはやや不満だが良い枠が取れたので3番手。
叩いた分の良化があれば阪神JFのように上位にくる可能性は十分。

△⑦サプライズアンセム
前走内容を評価。
末脚は強烈で、前々走でマイル勝ちも経験しており距離の不安は無いと見て良さそう。

△⑯サークルオブライフ
2歳女王。
堅実な脚があり惨敗はしなさそうなタイプだが、外枠に入ったのがややマイナス材料。

△⑩ライラック
前走はかなり強い勝ち方。
鞍上は変わるが福永騎手なら文句は無し。

△⑭プレサージュリフト
末脚の爆発力があり一発の魅力はあるが、スタートの不安や初の右回りなど不確定要素も多い。

△⑰フォラブリューテ
前走の末脚はかなりのもの。
外枠は良い枠とは言えないが、人気薄のルメール騎手が逆に怖い。

△①ナムラクレア
距離的にはギリギリな感じだが、枠が良くうまく立ち回ればワンチャンスある。

△③アルーリングウェイ
先行馬で上がりの脚もしっかりしている。
枠の良さで抑え。

△⑤ピンハイ
今回も好枠ゲットで一発あるかも。

△⑨クロスマジェスティ
枠もまずまず良く展開は向きそう。

 

注目馬の詳細評価

⑧スターズオンアース

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …先行

フェアリーS、クイーンCの2着馬。

2走とも2着ながら直線で前が詰まるところがあり、一度勝ち馬にかわされた後伸び返して詰めての2着。
スムーズな競馬なら勝っていてもおかしくない内容。

新馬戦では負けたものの、チューリップ賞で上がり最速だったルージュスティリアよりも速い上がりを出しており瞬発力も十分。

さらにドゥラメンテ産駒は福島、中山、阪神で好走率が高く、急坂コースで力を発揮している点もプラス材料。

枠も4枠8番とちょうど良い所を引いた。

右回りは少しもたれるところがあるらしいが、川田騎手も調教で乗って癖を把握し、馬具も変えて対策をしているということなので大丈夫と見る。

枠、展開と有利な点も多く、少し足りないところは鞍上が導いてくれると考えて、ここは勝負の本命。

 

⑱ナミュール

能力評価…A+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや不利
脚質  …差し

チューリップ賞の勝ち馬。

単純な能力ならこのメンバーの中では間違いなくNo.1。
特に末脚の破壊力は高い。

桜花賞は差し・追い込み馬もわりと頻繁に勝ち負けするレースなので、その点では不安は無いと言いたいところだが、さすがに今回は厳しい要素もある。

コース替わりによる内の有利や、展開的に不利を受けそうな点が多く、どこまで力でねじ伏せれるかの勝負。

 

⑥ウォーターナビレラ

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …有利
脚質  …先行

前走チューリップ賞で5着。

先行力があり立ち回りがうまいタイプで安定感はある。

しかし、前走内容にやや不満を感じており、かなりギリギリまで脚を溜めたわりに反応がいまいちで5着。
休み明けでスイッチが入り切っていないなら変わってくる可能性はあるが、あれが能力なら人気ほど抜けた存在ではないと考えなければならない。

とはいえ今回は枠、展開が向きそうで馬券に絡む可能性は十分で3番手評価。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは適性範囲内、Bは微妙もしくは不明、Cは苦手。

 

桜花賞の買い目

【馬単】
⑧-①③⑤⑥⑦⑨⑩⑭⑯⑰⑱ 1頭軸マルチ(22点)

 

今週のおすすめレース

日曜阪神10R 大阪ハンブルクカップ 芝2600m 馬場予想:良

◎ ⑩エフェクトオン
○ ④ホウオウエクレール
▲ ⑦パトリック
△ ⑥ディアマンミノル
△ ⑧タイセイモナーク

 

◎は⑩エフェクトオン。
メンバー的に3勝クラスで戦っている馬が多い中で、重賞で入着もしているこの馬が53㎏で出走できるのはおいしい。
斤量的に有利と見て本命。

相手は④⑥⑦⑧。

 

おすすめレースの買い目

【馬単】
⑩-④⑥⑦⑧ 1頭軸マルチ(8点)

 

まとめ

今週は、桜花賞と大阪ハンブルクカップを予想しました。

本命はそれぞれ桜花賞が⑧スターズオンアース、大阪ハンブルクカップが⑩エフェクトオンです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5