競馬予想

【競馬予想】京成杯、日経新春杯の予想と今週のおすすめレース【2022】

2022年1月15日

 

どうも、にわとりちきんです。

 

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんがメインレースと今週のおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、京成杯と日経新春杯を予想します。

それでは今週も、気になる当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の馬場適正、距離適性、脚質による展開有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

 

京成杯の予想

日曜中山11R 京成杯 芝2000m 馬場予想:良

◎ ⑫サンストックトン
〇 ⑪テンダンス
▲ ④ヴェールランス
△ ⑤アライバル
△ ⑦タイセイディバイン
△ ⑧ヴェローナシチー
△ ⑭ホウオウプレミア

 

中山競馬場は開幕7週目。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
7週目に入ってさすがに内で残すのは厳しくなってきている模様。内から3頭目くらいからスムーズに外に出せる位置取りが理想的な馬場。

馬場的には、土曜は明らかに直線は中~外目を使った馬の伸び脚が目立ってきた。
内が全く残せないわけではないが、基本的には直線スムーズに外に持ち出せる位置取りの方が有利といえそう。

展開は、逃げるのは①ニシノムネヲウツか⑦タイセイディバインあたりか。
先行馬も多いが、いずれにせよこの時期の3歳2000m戦ではそれほどハイペースにはなりにくい傾向があるので、このレースもそうなると読んで、直線まではある程度団子の展開になると予想。
平均ペースからやや早めに仕掛けあいが始まり、最後は持続力の勝負。

狙っていきたい馬は、中山コースの定石通りの「持続力勝負に強い馬」、馬場的には「中目の枠の先行、差し馬」。

◎は⑫サンストックトン。
勝ち上がりに3戦かかったが、どのレースも内容的に高評価できる。
枠順の良さ、脚質の自在性もあり、どんな展開になっても力を出し切れそうな点が◎。

○は⑪テンダンス。
東スポ2歳Sは個人的にハイレベルレースの位置付け。そこでの3着を評価。

▲は④ヴェールランス。
対抗評価のテンダンスにも一度先着しており、先行力もあり中山は向きそう。

△は4頭。

⑤アライバル
ここまでの対戦相手と着差からも能力上位は間違いない。
2000mも問題なさそうな血統だが、休み明けがどう出るか次第という部分で4番手評価に。

⑦タイセイディバイン
初勝利するまでに5戦かかったが、前走、前々走では京都2歳で好走した2頭にくらいついており一定の能力は見込める。

⑧ヴェローナシチー
新馬戦は3着と負けはしたが、2着だった馬はすでに1勝クラスを勝ち上がっており相手が強かった結果。
末脚の持続力、スタミナもありそうで、中山2000の適性はありそう。

⑭ホウオウプレミア
初戦、2戦目共に上がり最速をマークしており強力な末脚が魅力。
馬場的に外差しが徐々に効いてきているので、展開次第では差しが届いてくる可能性も十分。

 

注目馬の詳細評価

⑫サンストックトン

能力評価…B
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …先行、差し

勝ち上がりに3戦かかったが、新馬戦はこのレースでもライバルになるホウオウプレミアに0.1秒差。

2戦目もすでに1勝クラスで良い走りをしているレヴァンジルに0.1秒差、さらに3着馬には1.3秒も差をつける内容。
中山2000mで先行して最後までしっかり脚を伸ばせる持続力も証明。

勝ち上がった3戦目は中団で構えてから瞬発力を発揮しての快勝。

対戦相手との比較でも能力は高く評価でき、自在性のある脚質で、ある程度どんなペースになっても力を出し切れそうな点を高評価。

 

⑪テンダンス

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …やや有利
脚質  …先行

東スポ2歳Sで3着。
1着は個人的に現状世代最強と見ているイクイノックス、2着も上位評価のアサヒ。
その2頭にしっかり食らいついており、さらにこのレースの5着はシンザン記念3着のレッドベルアーム。

東スポ2歳Sがレースレベルの高いレースだったと見て、ここでも上位の評価。

距離は血統的にはベストとは言えないが、2000mまでなら許容範囲と見る。

 

④ヴェールランス

能力評価…B
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行

母が桜花賞馬ジュエラーという良血馬。

新馬戦はテンダンスとのマッチレースに勝利。

2戦目エリカ賞はホープフルSでも人気になったサトノヘリオスにクビ差の2着。
共に内容のあるレースで、能力的にはこのレースでも上位と見て良さそう。

スタートも悪くなく、先行してしっかり最後まで脚を使える脚質は中山向き。

血統的にも父、母父ともに中山巧者で期待感は高まる。

 

⑤アライバル

能力評価…B+
馬場適正…B
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …差し

新馬戦はデイリー杯4着、阪神JFでも8着のプルパレイに0.4秒差圧勝。

2戦目の新潟2歳Sは朝日杯2着のセリフォスに0.2秒差の2着。
対戦相手を考慮すればここでも実力上位と見て間違いなさそう。

血統的にも2000mへの距離延長はプラスになりそうな要素が多い。

ポイントは休み明けがどう出るかと、内で包まれない位置取りができるかどうか。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは適性範囲内、Bは微妙もしくは不明、Cは苦手。

 

京成杯の買い目

ワイド:⑫-④⑤⑦⑧⑪⑭ 流し(6点)

3連複:⑪⑫-④⑤⑦⑧⑭ 2頭軸流し(5点)

 

日経新春杯の予想

日曜中京11R 日経新春杯 芝2200m 馬場予想:良

◎ ④ステラヴェローチェ
〇 ⑧フライライクバード
▲ ②クラヴェル
△ ③マイネルウィルトス
△ ⑩ヨーホーレイク
△ ⑮ダノンマジェスティ
△ ⑪ショウナンバルディ
△ ①モズナガレボシ

 

中京競馬場は開幕6週目。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
土曜は先週の「内・先行有利」から一変して外差しも決まる馬場に。
中間の雨などで、クッション値が月曜の「10.5」から土曜は「9.7」になったことが影響したか。
この状況は日曜も続くと見て、馬場的には「内外五分」から「やや外目有利」で考えて良いと見る。

馬場は先述の通り、先週までの内有利の状況ではなくなり外差しも届いてくる状況に。
愛知杯も外のデゼル、ソフトフルートが良く伸びたが、内を突いたルビーカサブランカが勝ったように、内を捌ける馬なら距離損のない内からの差しは以前有効。

展開は、逃げるのはまず⑪ショウナンバルディだろう。
ショウナン以外の馬が揃いも揃って差し、追い込み馬なだけに楽な逃げになりそう。
道中は平均からややスローペースで進み、直線は瞬発力が生きる展開に。
コース特徴的には持続力が求められる点も含めて、瞬発力と末脚の持続力がともなった馬が上位にくる。

◎は④ステラベローチェ。
この実績で斤量57㎏はさすがにおいしい。勝ってくださいというハンデ設定に見える。

○は⑧フライライクバード。
瞬発力に長ける馬で、中京も2-1-1-0と得意。

▲は②クラヴェル。
4連続で重賞3着以内と抜群の安定感が魅力。

△は5頭。

③マイネルウィルトス
持続力勝負に強みがある馬。
あまりにもペースが遅くなって瞬発力だけの勝負になると厳しいが、早めの仕掛けで持続戦になれば台頭。

⑩ヨーホーレイク
ダービー7着以来の出走。
長期の休み明けで馬がどう変わっているか。クラシック前半戦では光るところもあっただけに成長があれば一気に勝ち切っても不思議はない。

⑮ダノンマジェスティ
実績面を考えると55㎏はやや見込まれた感はあるが、中京は2-1-0-0と得意としているので抑え。

⑪ショウナンバルディ
57㎏でステラヴェローチェと同斤量というのはかなり背負わされた感がある。
2200という距離もプラス材料とは思えず。
しかし、メンバー的に楽に逃げれそうな点、中京は3勝と得意な点など良い要素もあるので抑え。

①モズナガレボシ
昨年秋の2戦は思うような結果ではなかったが、距離が延びるのはこの馬にとって好材料になりそう。
展開次第で差し込んでくる可能性有り。

 

注目馬の詳細評価

④ステラベローチェ

能力評価…A+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …差し

前走は有馬記念の4着。

昨年は名脇役といった感じの存在だったが、能力的には間違いなく世代最上位の1頭。

対戦相手、着差を考えれば明らかにここでは格上なのに斤量はまさかの57㎏。

ここは頭で狙いたい。

 

⑧フライライクバード

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行、差し

前走アルゼンチン共和国杯で3着。
前走の結果でオープンでも戦えること示した。

中京は2-1-1-0と得意としている点もプラス材料。

瞬発力に長けた馬で、今回は瞬発力勝負になりそうなメンバーなので上位進出の可能性は高いと見る。

 

②クラヴェル

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや不利
脚質  …追い込み

近走は4連続重賞で3着以内と抜群の安定感。

前走のエリザベス女王杯も、展開が向いたとはいえ3着と良い走りだった。

距離経験も豊富で能力も上位だが、メンバー的に最後方からの追い込み勝負だとやや厳しいか。

内から馬群を縫うように差せる器用さもあるので克服の可能性もあるが、外に振られるようだと差し遅れる可能性が高くなる点は不安材料。

 

日経新春杯の買い目

3連単
④-⑧-①②③⑩⑪⑮
④-①②③⑩⑪⑮-⑧ フォーメーション(12点)

 

今週のおすすめレース

日曜小倉10R 小郡特別 芝1200m 馬場予想:良

◎ ⑪メイショウゲンセン
○ ④メイショウエニシア
▲ ⑩ディーバサンライズ
△ ⑤ヒバリ
△ ⑥メメントモリ
△ ⑧マリノスピカ

 

小倉競馬場は開幕週。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
開幕週ながら時計はやや控えめ。しかし、開幕週らしく先行馬はそれなりに結果を出している状況。

開幕週の小倉競馬場。
思っていたよりは土曜のレースは時計が速くなく、いつもの圧倒的「内・先行有利」ではないような感じ。

それでも先行馬がある程度結果を出しており、利はやはり先行馬にあるだろうと見て予想。

◎は⑪メイショウゲンセン。
1200は2-1-1-0と崩れておらず小倉も得意。
先行力もあり開幕週の馬場でも力を発揮できる。

相手は④⑤⑥⑧⑩の5頭。

 

おすすめレースの買い目

馬連:⑪-④⑤⑥⑧⑩ 流し(5点)

 

まとめ

今週は京成杯と日経新春杯を予想しました。

京成杯の本命は⑫サンストックトン、日経新春杯は④ステラヴェローチェになりました。

昨年G1戦線でも活躍したステラヴェローチェが登場ということで、どういったレースをしてくれるのか楽しみですね。

京成杯もオッズ的にも楽しめそうな本命になったので、期待して見ていきたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

参加中ブログランキング

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
ランキングではいろいろな方の予想も見ることができます。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


中央競馬ランキング

 

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5