競馬予想

【競馬予想】ダービー(東京優駿)の予想と今週のおすすめレース【2022】

2022年5月28日

どうも、にわとりちきんです。

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんが中央競馬日曜のメインレースとおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、ダービーと東京9R薫風Sの予想を紹介します。

それでは今週も、当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の能力評価、馬場適正、距離適性、脚質による展開の有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

ダービー(東京優駿)の予想

日曜東京11R ダービー 芝2400m 馬場予想:良

◎ ⑱イクイノックス
〇 ⑫ダノンベルーガ
▲ ⑪ジャスティンロック
△ ⑩マテンロウオリオン
△ ①アスクワイルドモア
△ ⑦オニャンコポン
△ ⑬ドウデゥース
△ ⑮ジオグリフ
△ ⑤ピースオブエイト
△ ⑥プラダリア

 

【全馬の能力評価】

【A+】イクイノックス
【A】ドウデュース、ダノンベルーガ、ジオグリフ、マテンロウオリオン、ジャスティンロック
【B+】オニャンコポン、アスクワイルドモア、アスクビクターモア、ピースオブエイト、プラダリア、ビーアストニッシド、ジャスティンパレス、キラーアビリティ
【B】ロードレゼル、デシエルト、セイウンハーデス、マテンロウレオ

今年もしっかりとここまで世代を引っ張ってきた馬が揃い、濃いメンバーになったダービー。

最高評価はイクイノックス。
ドウデュース、ダノンベルーガ、ジオグリフ、マテンロウオリオンあたりが次ぐ能力。

その他の馬も能力的に全く勝負ならないような馬はおらず、展開一つでどの馬にもチャンスがありそうです。

 

【馬場予想】

東京競馬場は開幕6週目。
当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。

ダービー週なので例年通り今週からCコースを使用。
土曜のレースを見ても直線内もしっかり伸びており、やはり今年もある程度内有利のレースにはなってきそうです。

ただ、時計的には高速馬場というほど速くはなく、平均的な速さの馬場。
ロジャーバローズの年のような、強烈なペースの逃げで逃げ切りといったようなレースにはならないと思います。

イメージとしては、先週のスタニングローズや内差しならナミュールが通ったコースを通れればベスト。
4角から大外回しになると少し厳しいかなといった印象です。

【ポジションごとの有利不利】
内枠 …やや有利
外枠 …やや不利
直線内…やや有利
直線外…やや不利

 

【展開予想】

【逃げ】③⑧⑭
【先行】②⑤⑥⑨⑮⑯⑰
【差し】①④⑦⑫⑱
【追込】⑩⑪⑬

先行争いは、アスクビクターモア、ビーアストニッシド、デシエルト。
デシエルトが逃げ宣言をしているので積極的に前にいきますが、2頭も多少は競ってくると思うので序盤のペースはそれなりに速くなり、やや縦長の馬群になりそう。

そのおかげで、外枠の馬もいくらか内に寄りやすくなって展開的には外枠の不利は軽めになりそう。

勝負は3角過ぎから。
3角過ぎから各馬進出を始めて、やや持続力寄りのロングスパート戦になり、最後は外から力でねじ伏せに行く有力馬と、内を突いて一発を狙う馬の争い。

展開的には、逃げ馬にはやや厳しいペースになり、差し追い込み馬に利がありそう。
ロングスパート気味の勝負になりそうなので、持続力があるタイプの差し追い込み馬が穴候補。

 

【レースの傾向】

過去のダービーの3着以内馬には3つの特徴的な傾向があります。

一つ目は、ほとんどの馬が「重賞で上りタイム2位以内を1度以上マーク」していたこと。
過去5年の3着以内馬15頭中14頭、10年で見ても30頭中28頭がこのデータをクリア。
上位に来るためには瞬発力が欠かせないダービー。このデータは重視したいと思います。

二つ目は、「前走皐月賞以外からの参戦馬は前走連対」が条件であること。
前走皐月賞以外からの参戦で3着以内に入った馬は、過去5年で4頭。
この4頭すべてが前走連対(1着3頭、2着1頭)していました。
過去10年で見ても3着以内に入ったのが10頭で、内前走連対を外していたのは1頭のみ。
皐月賞以外からの参戦馬は「前走連対」を条件にして良さそうです。

三つめは、「前走二桁着順からの巻き返しは無い」こと。
過去10年で前走二桁着順から3着以内に入った馬は0頭
これは素直に消しデータとします。

そして、今年の出走馬でこの3つの傾向をすべて満たした馬は、

①アスクワイルドモア
⑥プラダリア
⑦オニャンコポン
⑩マテンロウオリオン
⑪ジャスティンロック
⑫ダノンベルーガ
⑬ドウデュース
⑮ジオグリフ
⑱イクイノックス

の9頭。今年はこの9頭に注目して見ていくのが良さそうです。

 

注目馬の詳細評価

⑱イクイノックス

能力評価…A+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行、差し

今年のダービーの本命馬はイクイノックスです。

能力的には東スポ2歳の段階で世代最強だと確信しているので、その感を信じての評価。

休み明けの皐月賞であれだけの競馬ができるなら、上積みの見込めるダービーでは圧勝であっても不思議無し。

血統的にも、長距離で抜群の成績を残した父キタサンブラックに、母系もダンシングブレーヴやトニービンといった2400mで多大な実績を残した血を多く含んでおり申し分なし。

大外枠はさすがにプラスとは言えませんが、先週同じ位置からスターズオンアースで勝ったルメール騎手なので、勝利へのイメージは出来上がっているはず。

 

⑫ダノンベルーガ

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …五分
脚質  …差し

対抗はダノンベルーガです。

皐月賞は馬場の苦しい内を通っての4着。
能力的には共同通信杯ではジオグリフを完封していますし、疑う余地はありません。

血統的には父ハーツクライで、母系はアメリカの中距離ダート系。
2400では若干もろさが出る可能性もありますが、共同通信杯の走りを見る感じでは対応してきそうな雰囲気はありました。

展開的には差しが向きそうな展開になると思うので、しっかり脚を溜められさえすれば上位にくる可能性は高いと思います。

 

⑪ジャスティンロック

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …五分
脚質  …追い込み

3番手はジャスティンロックです。

皐月賞は内が悪かったというのであれば、この馬は評価すべきでしょう。
皐月賞の上がりタイム上位は軒並み直線外を通った馬の中で、最内から差してきて上がりタイム3位は立派。
後方から直線に賭ける走りだったことを差し引いても、十分に高いパフォーマンスだったと言えると思います。

また、京都2歳や弥生賞では外をまくり気味に上がる展開から最後までしっかり伸びており、持続力もあるタイプ。
ロングスパート戦になりそうな今回は、この持続力が活きてきそう。

血統的には評価が難しいところですが、オッズを考えれば今回最も旨みのある穴馬として狙っていきたい馬です。

 

⑩マテンロウオリオン

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …追い込み

4番手はマテンロウオリオンです。

NHKマイルの走りを見ても、末脚の破壊力は世代上位と見て間違いなさそう。

問題は距離はどうなのか?という部分に尽きると思いますが、私は血統的には十分可能性ありと見ています。

まず、母系は母父キングカメハメハに母母がオークス馬レディパステルということで、むしろ適正は高そう。
父ダイワメジャーの産駒も、2300~2400mの出走数は少ないものの勝率は12%と1200~1600mの勝率(9%)よりも高かったりしますし、父自体も有馬記念で2度3着になるなどそれなりにレースはできた馬。
そう考えると距離が無理とは言い辛く、むしろ適性がある可能性を強く見たいという血統です。

展開的には外を回り過ぎないことが条件になりそうですが、ワンチャンスは十分にあると思います。

 

①アスクワイルドモア

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …差し

5番手はアスクワイルドモア。

この馬に関しては、やはり1枠1番をとれたことが最も良い所。

血統的にも2400は間違いなく対応できそうですし、京都新聞杯でも見せたように持続力を活かした差しができるタイプで、今回の展開にも合いそうな点が○。

 

⑦オニャンコポン

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …差し

6番手はオニャンコポン。

血統的にも距離の問題は無さそうですし、京成杯のような脚を使えればここでもチャンスあり。

京成杯勝利→皐月賞→ダービーのローテーションは、ダービー馬の父エイシンフラッシュと全く一緒のローテーション。
何かありそうな予感をさせてくれます。

 

⑬ドウデゥース

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …五分
脚質  …追い込み

7番手はドウデュースです。
といっても3~7番手の評価はほぼ同じくらいなので、オッズの魅力も込みで順番的にはここということ。

能力的には当然上位評価で、皐月賞の伸び方はいかにもダービーで結果出してきそうな感じでした。

血統や馬体的にはどちらかというと2400は疑問に思う方も多い馬ですが、皐月賞を見た感じではダービーも十分に戦えそうだという評価です。

 

⑮ジオグリフ

能力評価…A
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …五分
脚質  …先行

8番手ジオグリフ。

能力的には皐月賞も制して十分。
ですが、皐月賞はかなり完璧な展開だったので、勝ち切れたのには展開の助けがあったのも事実です。

気になる点は父ドレフォンで、どれほど2400に対応できるのかという点。
こればっかりは走ってみないとわかりませんが、この馬の馬体や走り方を見ると絶対的に良いという評価は難しいということで、少し評価を下げました。

 

⑤ピースオブエイト

能力評価…B+
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …やや有利
脚質  …先行

9番手ピースオブエイト。

実はレース傾向で紹介した、「重賞で上りタイム2位以内を1度以上マーク」を満たしていない馬なのですが、前走毎日杯は逃げて上がり3位、その前の二つの条件戦は上がり最速と、十分な瞬発力を有しているのは明白なので抑えます。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは適性範囲内、Bは微妙もしくは不明、Cは苦手。

 

ダービー(東京優駿)の買い目

【馬単】
⑱-①⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑮ 1頭軸流しマルチあり(18点)

【3連複】
⑱-①⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑮ 1頭軸流し(36点)

 

今週のおすすめレース

日曜東京9R 薫風S ダ1600m 馬場予想:良

◎ ⑦クリーンスレイト
〇 ⑧ルコルセール
▲ ⑩オーバーディリバー
△ ②ソルドラード
△ ⑥メイショウミカワ
△ ⑪ディアセオリー
△ ⑫サトノロイヤル

 

【馬場予想】

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。

ダートはしっかりと乾いて良馬場になりそうです。

 

【レース予想】

本命は⑦クリーンスレイト。
前走休み明けでしっかりと体を絞って出てきて快勝。
能力は高く評価できる馬なので、ここは調子維持なら連勝の可能性大。

相手は②⑥⑧⑩⑪⑫。

 

おすすめレースの買い目

【馬単】
⑦-②⑥⑧⑩⑪⑫ 1頭軸流しマルチあり(12点)

 

まとめ

今週はダービーと東京9R薫風Sを予想しました。

本命はそれぞれダービーが⑱イクイノックス、薫風Sが⑦クリーンスレイトです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5