競馬予想

【競馬予想】ホープフルステークスの予想と今週のおすすめレース【2021】

2021年12月27日

 

どうも、にわとりちきんです。

 

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんがメインレースと今週のおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、ホープフルステークスを予想します。

いよいよ今年の競馬も最終開催となりました。
最後にいい形で締めくくれるようにホープフルステークスも頑張って予想していきたいと思います!

それでは今週も、気になる当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の馬場適正、距離適性、脚質による展開有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

 

ホープフルステークスの予想

火曜中山11R ホープフルステークス 芝2000m 馬場予想:良

◎ ⑤キラーアビリティ
〇 ②アケルナルスター
▲ ⑦サトノヘリオス
△ ①シェルビーズアイ
△ ③ラーグルフ
△ ⑥コマンドライン
△ ⑧ジャスティンパレス
△ ⑩マテンロウレオ
△ ⑬フィデル
△ ⑮アスクワイルドモア

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
中山は開催から4週+1日。馬場の内よりはさすがに痛みがあるものの、内外で大きな有利不利が出るほどではない。
内外の差はほぼ無し、時計もほぼ例年通りの平均的な馬場状態。

 

馬場状態的には内外の差があまり無く、中山2000のコース形態からもスタートから1コーナーまでに十分な距離があり、それぞれの馬が狙うポジションはとりやすいため、枠順による内外の有利不利はあまり考慮する必要は無さそう。

展開的には、やや外枠に前に行きたそうな馬が並んだが、2歳戦でまだ各馬さぐりさぐりなところもあるので序盤から競り合ってハイペースになるようなことはないだろう。
コース形態的にもスタート直後の急坂の影響で前半のペースが上がりにくいため、平均ペースくらいで進む可能性が高い。

ここまでの馬場、展開予想では目立った有力馬を引き出す要素が少ないが、過去のレース傾向を見ると大きな特徴がある。

過去の傾向では、ホープフルSとして開催されるようになってからの7年で3着以内に入った21頭中、なんと20頭が前走1着。
唯一1着ではなかった馬も2着と、全馬前走で連対している。

さらに前走の上がりタイムを見ると、上り1位が14頭、上り2位が6頭と21頭中20頭が上がり2位以上のタイムをマークしている。
残る1頭も上がり3位なので、前走上がりタイムは注目すべきポイントと言えそう。

過去の傾向からは前走1着(最低でも連対)且つ前走上り1位、もしくは2位の馬が狙い目と言える。
この条件を満たしているのは①②③⑤⑦⑩⑮の7頭。

◎は⑤キラーアビリティ。
前走と前々走の内容を評価。前走2着で上りが2位とややデータ的には弱いが、戦った相手関係を含めれば最有力と見る。

○は②アケルナルスター。
前走内容を評価。未勝利ながら上り2位に1.3秒差をつける圧倒的な末脚を披露。人気薄の気配で回収率逆転はこの馬で狙う。

▲は⑦サトノヘリオス。
新馬は負けたものの、未勝利、エリカ賞を連勝してともに上り1位。

△は7頭。

①シェルビーズアイ
前走1着且つ上り1位で条件を満たしているので抑え。

③ラーグルフ
前走1着且つ上り1位で条件を満たしているので抑え。

⑥コマンドライン
唯一の重賞勝ち馬。前走上がり3位で条件は完ぺきではないので抑えに。

⑧ジャスティンパレス
前走上がり3位も2連勝の勢いを買って抑え。

⑩マテンロウレオ
前走1着且つ上り1位で条件を満たしているので抑え。

⑬フィデル
前走3着で上がり3位と微妙なところだが、人気薄の川田騎手の一発が怖いので抑え。

⑮アスクワイルドモア
前走2着且つ上り2位で条件を満たしているので抑え。

 

注目馬の詳細評価

⑤キラーアビリティ

実績  …B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行、差し

3戦1勝。前走の萩ステークスで2着。
萩ステークスで戦った相手は朝日杯3着のダノンスコーピオン。
着差はクビ差で上りも0.1秒負けただけ、後続には0.8秒差をつける内容でほぼ勝ち馬と同じパフォーマンスだったと見て良さそう。

さらにその前の未勝利では、上り2位に1.3秒差をつける圧勝。

ダノンスコーピオンとの比較でみれば、この馬も世代でまずまず上位の能力があると見て良いだろう。

鞍上もノリにノっている横山武騎手。ここは狙っていきたい。

 

②アケルナルスター

実績  …C
馬場適正…A
距離適性…B
展開  …五分
脚質  …追い込み

2戦1勝。前走未勝利戦で1着。
この内容がなかなかで、レースの2、3、4着は道中1~3番手で進めた馬。
しかも上り2位は2着になった馬という完全な前残りの展開。それを最後方からの追い込みで一蹴。
上りは当然1位で、上り2位に1.3秒という大差をつけた。

当然未勝利のため相手が弱かっただけという可能性も秘めているが、これだけの内容は簡単には出せないもの。
この末脚にかけて勝負したい。

 

⑦サトノヘリオス

実績  …B
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …先行、差し

前走エリカ賞を勝利で3戦2勝。

上位評価の2頭に比べると特別目立った戦績があるわけではないが、2000に変わって2連勝の安定感は評価できる。

前走も上り1位タイだが、直線少し前が壁になって進路を取り直してのものなので、いくらかは伸びしろもあるだろう。

過去の傾向から強く狙っていきたい前走1着且つ上り1位の馬の中では、2連勝で休み明けなどの不安点が少ない馬として上位評価とした。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは得意範囲、Bは標準もしくは不明、Cは苦手。

 

ホープフルステークスの買い目

馬連:⑤-①②③⑥⑦⑧⑩⑬⑮ 流し(9点)

ワイド:②-①③⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮ 流し(9点)

3連複:②⑤⑦-②⑤⑦-①②③⑤⑥⑦⑧⑩⑬⑮ フォーメーション(22点)

 

今週のおすすめレース

火曜中山11R 立志ステークス 芝1600m 馬場予想:良

◎ ⑩ホウオウラスカーズ
○ ①ノルカソルカ
▲ ⑪クロノメーカー
△ ②ハイアーグラウンド
△ ③ウインレフィナード
△ ⑤シンハリング
△ ⑧ルーカス
△ ⑨レッドクレオス

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
中山は開催から4週+1日。馬場の内よりはさすがに痛みがあるものの、内外で大きな有利不利が出るほどではない。
内外の差はほぼ無し、時計もほぼ例年通りの平均的な馬場状態。

 

今年最後のおすすめレースも3歳馬狙い。笑

⑩ホウオウラスカーズは1600に限れば3連勝中で、2勝クラスでも古馬相手に勝ちあがり。

休み明けだが、斤量差や相手関係を考えればここは狙っていきたい。

相手は①②③⑤⑧⑨⑪。

 

おすすめレースの買い目

馬連:⑩-①②③⑤⑧⑨⑪ 流し(7点)

 

まとめ

今回はいよいよ今年の最終予想、ホープフルステークスを予想しました。

本命は⑤キラーアビリティ、対抗に②アケルナルスターの予想です。
特に穴を無理に狙ったわけでもなく、自然な予想の流れで人気薄の②を上位評価できたので、回収率大逆転もあるような気がしています。

いずれにせよ今年最後のレースを楽しんで観ていきたいと思います!

 

参加中ブログランキング

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
ランキングではいろいろな方の予想も見ることができます。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


中央競馬ランキング

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5