競馬予想

【競馬予想】朝日杯フューチュリティステークスの予想と今週のおすすめレース【2021】

2021年12月18日

 

どうも、にわとりちきんです。

 

今週の競馬予想!競馬歴25年のおっさんがメインレースと今週のおすすめレースの予想を紹介します。

今週は、朝日杯フューチュリティステークスを予想します。

それでは今週も、気になる当日の競馬場の天気と馬場状態、各馬の馬場適正、距離適性、脚質による展開有利不利を考慮した予想をしていきたいと思います。

 

朝日杯フューチュリティステークスの予想

日曜阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 芝1600m 馬場予想:良

◎ ⑬ジオグリフ
〇 ③アルナシーム
▲ ⑦ダノンスコーピオン
△ ⑤ヴィアドロローサ
△ ④セリフォス
△ ⑨ドウデュース
△ ⑪ドーブネ
△ ⑫トウシンマカオ

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
阪神はBコース使用3週目。先週日曜からは明らかに直線は外が伸びていた。
今週も同様に外からの差し、追い込みが決まる展開が多くなりそう。

 

馬場状態は、さすがに12週連続開催の終盤とあって外有利が顕著になってきた。
道中~直線にかけてスムーズに外に出せる展開を作れる位置取りができるかどうかがポイントになる。

展開的には、逃げたそうな馬がカジュフェイス、オタルエバー、プルパレイと3頭いるのでそこそこ流れる展開にはなりそう。
外枠の馬の強引な仕掛けは無いと見て、ハイペースとまではいかないもののやや速めのペースになり、差し馬にやや有利に働く流れを想定。
先週のジュベナイルフィリーズ同様に終いの脚がしっかりしている馬を中心に狙っていきたい。

◎は⑬ジオグリフ。
このメンバーならスケール感が一枚上。まくり気味に行っても最後まで持続できる末脚が今の馬場にベストマッチ。

○は③アルナシーム。
気性面の不安は多いにあるが、それを上回る期待感もある。今回の条件ならプラス要素もいくつかあるので狙っていく。

▲は⑦ダノンスコーピオン。
末脚の持続力がありそうで、今回の馬場に向きそうな点を評価。

△は5頭。

⑤ヴィアドロローサ
▲とほぼ同評価。前走はスタートで不利を受けたので着順は参考程度。そこでもしっかり上がり最速をマークした点を評価。

④セリフォス
重賞2連勝と能力面で上位なのは間違いないと思うが、そこまで抜けているという印象もない。枠が微妙なところに入ったので馬券的な意味で少し評価を下げた。

⑨ドウデュース
2勝共に着差以上に余裕をもっての勝ち上がり。ここでも通用する脚は十分にありそう。

⑪ドーブネ
2勝共にしっかり着差をつけて勝利してきた点を評価して抑え。

⑫トウシンマカオ
京王杯で2着。京王杯の3着馬は阪神JF2着のラブリユアアイズということで一応抑え。

 

⑬ジオグリフ

実績  …A
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …やや有利
脚質  …差し

札幌2歳Sの勝ち馬。

初戦、2戦目共に上がりタイム最速で、共に上がりタイム2位に0.3秒以上差をつけている点を高評価。

さらに、新馬戦の2着馬は東スポ2歳Sで2着のアサヒと弱い相手ではなく、札幌2歳Sでは道中緩まない流れでスタミナが問われる展開をまくりきって余裕の押し切り。

瞬発力とスピードの持続力をあわせ持っていてスケール感がある。

今回も差し有利になりそうなメンバー構成と馬場。

外枠も大きなプラス材料と見て、ここでは揺るがない本命。

 

③アルナシーム

実績  …B
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …差し

2戦1勝、前走東スポ2歳Sが6着。

競争能力は新馬戦を見る限りかなり高そう。

しかし、この馬最大のポイントはなんといっても気性面。
とにかく行きたがってしまい抑えが利かず、さながら今年のメイケイエールのような感じ。

こう聞くと馬券にならなそうな馬と評価したいところだが、変わってきそう面がいつくかある。

1つは距離短縮。
ここまで走った2走は共に1800。2歳戦の1800はスローペースになりやすいのでスピードがある馬だとかかりやすいという面がある。
今回は1600でペース的にも流れそうなメンバーなので、結果的にうまくかみ合って折り合えば最後の脚に期待ができる。

2つ目は騎手。
池添騎手は、個人的な印象だがクセ馬の操縦がうまい。
メイケイエールもスプリンターズSで池添騎手が乗って4着と躍進。手腕に期待したい。

最後に血統面。
母はシャフリヤール、アルアインの全兄弟という超良血。
父はモーリスでマイルの適性にも期待ができる。
大レースで思わぬ力を発揮するのも良血馬の力。

正直なところ希望的観測が強い予想ではあるが、それでも狙ってみたくなる要素があるということで対抗。

 

⑦ダノンスコーピオン

実績  …B+
馬場適正…A
距離適性…A
展開  …五分
脚質  …差し

2戦2勝で萩Sの勝ち馬。

2走ともに上がり最速での勝利。

どちらかというと、キレがあるというよりは追って追って伸びるタイプに見える。
今の外差しに寄った阪神外回りに合うタイプ。

川田騎手がわりと得意とする感じの馬で、今回乗り替わりになってしまうのは少し痛いが松山騎手ならそこまで評価は下げない。

枠ももう少し外が良かったがまずまず。

 

※各適正の評価について
各適正はS→A→B→Cの4段階評価。Sはベスト条件、Aは得意範囲、Bは標準もしくは不明、Cは苦手。

 

朝日杯フューチュリティステークスの買い目

馬単:⑬-③④⑤⑦⑨⑪⑫ 1頭軸マルチ(14点)

3連複:⑬-③⑤⑦-③④⑤⑦⑨⑪⑫ フォーメーション(15点)

 

今週のおすすめレース

日曜阪神7R 1勝クラス 芝1800m 馬場予想:良

◎ ⑭メイプルリズム
○ ⑩マイネルエニグマ
▲ ③ヤマニンサンパ
△ ①フォティノース
△ ②シーニックウェイ
△ ④ハートオブアシティ
△ ⑥マテンロウエール
△ ⑧ウィンドリッパー
△ ⑨サツキハピネス
△ ⑰パタゴニア

 

当日の天気予報は晴れ。馬場予想は良。
阪神はBコース使用3週目。先週日曜からは明らかに直線は外が伸びていた。
今週も同様に外からの差し、追い込みが決まる展開が多くなりそう。

 

本命は⑭メイプルリズム。
前走で未勝利を勝ち上がりで今回休み明けとやや不安な要素もあるが、2走前にはすでに2勝クラスで連に絡んでいる馬と上がり同タイムも出しているように末脚は確か。
2000m戦でもまくって最後までしっかり伸びきれるスタミナもあり、今の阪神の馬場に合いそう。
外枠もプラス材料と見てここは狙っていく。

相手は実力が拮抗しているため広めに抑えて①②③④⑥⑧⑨⑩⑰の9頭。

 

おすすめレースの買い目

馬連:⑭-①②③④⑥⑧⑨⑩⑰ 流し(9点)

 

まとめ

今週は朝日杯フューチュリティステークスを予想しました。

今年はここまでに重賞を勝ってきた馬が2頭とやや寂しいメンバーになってしまった感はありますが、その中でも重賞を勝ってきたセリフォス、ジオグリフに注目が集まるレースになりました。

本命はジオグリフで、スケール感がある馬で今後もとても楽しみなので、ここを勝ってクラシックを迎えてほしいなという思いでレースを見ていきたいと思います。

 

参加中ブログランキング

下のリンクをクリックして頂けると励みになります!
ランキングではいろいろな方の予想も見ることができます。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


中央競馬ランキング

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「にわとりちきんのブログ」ではTwitterで最新記事の投稿、更新などのお知らせをしております。

次回も読んでいただけるという方は、是非Twitterのフォローよろしくお願いいたします!

それでは、また!

 

© 2022 にわとりちきんのブログ Powered by AFFINGER5